しつこい水虫を治す方法

カーペットを介して水虫がうつさない為にも換気を

水虫の治療は薬をつけることと並行して、普段の生活に気をつけるのが早く治る秘訣です。水虫の菌は湿気を好みますので、足の換気に気をつけることで、治りが違います。家の中でもできるだけ素足で過ごすようにすれば、かなりの改善になりますが、その際気をつけなくてはいけないのが、そうやっていると家族にうつしてしまうことです。もし自分の症状がよくなってきても、他の家族の足裏が水虫になってしまったら、また自分に症状が戻ってきたりして、これでは永久に治りません。そこで、家の中で家族にうつらないように心掛けなくてはなりません。タオル、スリッパなどを共用せず、専用にするのはもちろんですが、心配なのが例えばカーペットです。部屋の中いっぱいに敷いてあるカーペットは、治療中の本人以外踏まないというわけにもいかず、そこを通らないわけにもいきません。そこで、スリッパを完全に別にして、カーペットの上を歩く時は家族全員素足でなく、必ずスリッパで通るといったルールを作っていくことです。しかも、水虫菌というのはうつった瞬間に気づくわけでもなく、その時はわかりませんから、徹底しておくことが大事です。家全体の換気を心掛けていくことも大切ですが、靴下などにも注意が必要です。厚い生地のものは避けて、換気のよい薄いものを用いるなどして、足が湿っぽくならないように気をつけます。それと並行して薬を続けていくのですが、水虫を根治するのは抗真菌薬という薬です。水虫菌はたいへんしつこいので抗真菌薬をもってしても一、二度つけただけですぐ治るものではなく、根気が必要ですが、しっかり続けていけばよくなりますので、とにかく忘れずに薬をつけていくことです。生活習慣に気をつけていけばさらに効果的です。