しつこい水虫を治す方法

グリーンネイルは医薬品で治療できる爪水虫

つけ爪やジェルネイルを長い間続けていると、いつの間にか爪が緑色に変色してしまうことがあります。これがグリーンネイルと呼ばれる症状です。グリーンネイルは別名を爪カビともいって、カンジダ菌や緑膿菌に感染することにより起こります。皮膚で病原菌が繁殖するという意味では、水虫の一種と考えることもできます。
緑膿菌は人間の皮膚に常在する菌のひとつですが、通常は病気の原因にはなりません。しかし体力が弱っている時には、害を及ぼすことがあります。つけ爪やジェルネイルで爪が常に湿った状態になっていると、このような菌が繁殖しやすく、グリーンネイルの原因になります。
グリーンネイルになってしまったら、まずはつけ爪やジェルネイルをはがすことが第一です。程度が軽い場合は、爪を乾燥させ清潔に保つことで、自然に治ることもあります。しかし症状が重い場合には、医薬品で治療するしかありません。特に爪の表面だけでなく、爪と肉の間が緑色になってしまった場合は、爪水虫と同じように塗り薬では届かないので、内服薬を使用する必要があります。このような医薬品には副作用もあるため、皮膚科を受診して処方してもらうのが望ましいと言えます。
グリーンネイルには原則として抗真菌薬(水虫薬)が効果を発揮します。医薬品は殺菌作用を持ちますが、変色した爪を元に戻すことはできません。したがって爪が生え変わり完全に治るまで半年ほどかかります。その間は薬を続けなければなりません。時間がかかり面倒ですが、放っておいては改善しないので、医療機関による適切なケアが大切です。なお原因となる菌は伝染性はないので、グリーンネイルのまま家事や炊事をしても問題はありません。